普通の歯科医院の他に、小児歯科と呼ばれる医療機関が存在します。

これらの違いは単に、子供向けの歯科である程度の違いで、普通の歯科医院にて子供が治療を受けても、特に問題はありません。しかし、小さな子供の場合には、歯科治療に対する恐怖心が強く、泣き叫ぶ子も目立ちますので、できれば子供への配慮が行き届いた、小児歯科の利用がおすすめです。小児歯科を利用するポイントとして、午前中を狙うというのがあります。午後になると、子供が遊び疲れたり、眠くなってくるようになり、機嫌が悪くなりやすいという問題があります。

余計に泣き叫んだり、ぐずったりしますので、できるだけ早い時間帯を狙って訪れましょう。子供に心配をかけたくない、早く治療を受けさせたいからと、子供に嘘をついて連れて行こうとする親御さんがいます。この方法は余計に子供が嫌がる結果になりますから、避けるのが無難です。子供が素直に応じてくれるように、普段から頑張っている様子を見たら、たくさん褒めてあげるようにすると、親に対する信頼感が増します。

それでも歯を削るなどの行為は、子供が苦痛を伴いますので、ある程度は泣き叫んだり、暴れたりするようになります。親御さんとしては非常に困った状態ですが、小児歯科の医師やスタッフはこのような状況に慣れていますので、子供への対処はある程度、医師やスタッフに任せてしまうというやり方もおすすめです。子供の歯の健康のためにも、遠慮せずに小児歯科を利用しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *