子供達は、月日の流れの中で大きく成長し、歯は、乳歯から永久歯に変わって、生涯にわたり大事な役目をします。

子供の頃からの歯磨きの習慣は、歯の健康を守り、よく噛むことは全身の健康にもつながります。歯は、生え始めた乳児の頃からケアが必要で、小児歯科は、そのサポートをします。乳幼児健診では、心身の発達と共に歯のチェックもします。歯の生え方や虫歯の有無など、子供が負担にならないよう、手際よくチェックし、正しいブラッシングの指導も行います。乳幼児を持つ親にとって、小児歯科医と接するのは、この場が初めてという人が多いでしょう。

口を開けたり、歯磨きを嫌がる子も多く、うまくブラッシングができない悩みを持つのもこの頃です。乳幼児健診は、歯の健康について改めて考える良い機会でもあります。親は、子供の歯の状態を把握し、今後どのように向き合えば良いのか考えます。3歳児健診では、虫歯が見つかることもあり、初めて小児歯科を受診するきっかけになります。小児歯科は、子供達に安心して治療を受けてもらえるよう、様々な配慮をしています。

待合室にキッズスペースを設けたり、テレビを見ながら治療が受けられようにするなど配慮することで、子供達の不安や負担を少なくし、スムーズな治療をします。子供の歯は、虫歯の進行が早く、特に乳歯は、早いと言われています。早期発見、早期治療することで、虫歯の進行を防ぐことができます。小児歯科は、子供達の歯の健康を願い、日々邁進しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *