小児歯科は子供の患者を診る診療科です。

子供の患者を診察するということは、大人の患者を診察するということと違った大事な役目があります。子供は自分で意思表示をすることはなかなか難しく、未就学児なら尚更自分の感じていることを上手に訴えることは困難です。しかし乳幼児の間に歯は生えていますので、生え始めた時点から注意しておかなければ大人になった時にトラブルを抱えることになりかねません。

歯が生え始めて虫歯になってしまったら治療をすることは勿論ですが、正しい歯磨きの仕方を指導したり食生活の見直しの指導をすることも小児歯科医の重要な仕事です。乳幼児の時の間違った歯磨き方法や食生活の乱れが、大人になっても虫歯や歯周病のトラブルに発展してしまう可能性が大きいからです。また大部分の歯が生えそろってくる幼児期には、噛み合わせや歯並びのチェックをすることも必要です。

不正咬合があると見た目もよくありませんが、放置しておくと最悪の場合は顎関節症を引き起こしてしまうこともあります。正しい噛み合わせの位置にないので、体の他の部分の不調も引き起こしかねません。そのような事態にならないためにも小児歯科医による幼児期からの歯並び等のチェックは欠かすことができず、必要な場合は歯列矯正を幼児期からスタートさせることも必要となってきます。小児歯科医の役割はその子供にとって最初に診てもらう歯医者さんとなる場合が多いので、その子供の歯の成長や健康作りにとても重要な役割を担っています。
渋谷の歯医者のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *