虫歯や歯周病の治療をしてくれるのが、町の中に存在する歯科医院です。

歯の健康を守ってくれる、ありがたい存在ですが、歯の健康にプラスして、歯の美しさまで追求してくれるのが、審美歯科と呼ばれる医院になります。歯の美しさを損ねるものとして、黒ずみや黄ばみが気になるというのがありますが、審美歯科ではホワイトニングやクリーニングという技術を用いて、歯を白く変化させる施術を行ってくれます。いわゆる歯の世界の、美容整形のような存在だと認識すれば、問題ありません。

ホワイトニングは、歯を削ることなく白くすることのできる方法です。歯に黄色や黒い色素がつくことがありますが、これはコーヒーやお茶などの色素が付着しやすい飲料などをよく飲んだり、タバコを日常的に吸う、加齢などが原因で発生する現象です。特に健康に悪い状態ではないものの、歯は笑ったとき、会話をするときなどで、他人にもよく見える部分です。色素沈着があると、それが気になって人前で話すことが辛く感じられる人もたくさんいます。

ホワイトニングは歯の表面にある、エナメル質に付着したこれらの色素を特殊な成分で分解し、歯を白く見せることが可能です。成分として使われるのは、過酸化水素や過酸化尿素です。これらの成分はアメリカのFDAが認めている、安全な成分として知られています。クリーニングは特殊な機器を用いて、歯の表面の黒ずみや歯垢、歯石を取り除く方法です。基本的に、保険適用で利用できるのが魅力です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *