歯のブラッシングをすると、出血をするとか、歯茎が赤く腫れているといった症状が出てきたら、それは歯周病治療のスタートの時期です。

ですが歯周病治療は、こうした歯のグラグラする前には、スタートしておきたい処置でもあります。こうした症状が出ることには、すでに歯周病は進行しているからであり、要注意の合図でもあるのです。歯周病治療は、その歯周病の進行具合によっても、歯科医院での処置は違ってきます。何はともあれ、歯の異変の症状に気がついたら、歯科医院で状態を調べてもらうことです。

歯を支えている歯周組織の歯茎や歯根膜、それにあごの骨などには、すでに炎症が起こっている状態です。日本での成人においては、実に8割もの人が歯周病であるか、もしくは歯周病予備軍になっています。中高年に多く見られていた症状ではありますが、近年では低年齢化しており、小学生や中学生にまで歯周病は起こるようになっています。しかもそれは、年を追うごとに増加しているのです。年齢には関係なく歯周病にかかる可能性は、誰にでもある時代になってきています。

自分が歯周病かどうかは、歯科医院での検診で調べることができます。歯周病であれば、すぐにでも歯周病治療をスタートさせるべきでしょう。重度の歯周病になってしまうと、改善さえも難しくなります。ですが、まだ自覚症状もない、初期の歯周病であるならば諦める必要はなく、改善に対しても明るい未来が見えるというものです。
渋谷の歯医者のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *