歯周病治療で重要な処置のひとつに、ルートプレーニングがあります。

歯周病菌は嫌気性(酸素を嫌う)細菌なので、歯茎の下の方で増殖する性質があります。たとえ自宅で丁寧なブラッシングを心がけて、歯の表面だけ綺麗に磨いても、歯茎に隠れた部分や根元に歯垢が残っていると歯肉炎を生じる可能性があります。歯垢は約48時間で歯石になり、ちょっとやそっとでは取れなくなります。引っ掻いて取るような金属器具も販売されていますが、素人が無理に自力で歯石を取ろうとすると、今度は歯茎を傷めたり、歯を削ってしまう恐れがあります。

歯が削れてエナメル質が剥がれて知覚過敏になったり、歯茎を傷つけてそこから細菌が入って歯肉炎を生じる可能性もあるので、安易に自分で取ろうとするのはやめた方が良いです。ルートプレーニングに話を戻しますが、これも歯医者でないと難しい処置です。歯と歯茎の間にスケーラーという器具をいれて、歯垢や歯石をかき出すので、テクニックが必要です。歯科ではハンドスケーラーや超音波スケーラーなどの治療器具を使うので安全に取り除いてくれますが、自力で歯の根元まで掃除しようとするのは危険が伴います。

このルートプレーニングは歯周病治療としても使われていますし、予防としても使うことができます。歯周病菌の巣窟をなくすことで、根本的な改善が可能になるということです。ただし、進行してしまって歯槽骨や歯根膜が破壊されてしまった場合には、外科的な歯周病治療が必要になる可能性が高いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *